様々なマップを簡単に作成
簡単操作で解析時間の短縮に

光計測データ解析ソフトウェア
BV Workbench

膜電位イメージング / カルシウムイメージング用解析ソフトウェア

BV Workbenchは、脳や心臓の膜電位イメージング/カルシウムイメージングのために開発されたデータ解析ソフトウェアの最新バージョンです。

弊社製 MiCAMイメージング システムで取得したデータ ファイルに加えて、他社のカメラシステムで取得した 16ビット TIFF ファイルを開くこともできます。

本バージョンでは前バージョンと比較して、心臓解析、各種マップ表示、画像エクスポートなどの機能が大幅に向上しました。 このソフトウェアを使用すると、科学論文用の高精度の出力データを迅速に作成することができます。

心臓イメージング / 神経イメージングアプリケーション

以下の動物サンプルと蛍光プローブを使用した心臓および神経データ解析に適しています。

心臓サンプル

  • ランゲンドルフ灌流心臓
  • 心臓スライス
  • 培養心筋細胞

神経サンプル

  • In Vivo脳
  • 脳スライス
  • 培養神経細胞

蛍光ブローブなど

  • Di-4-ANEPPSやFluoVoltなどの膜電位感受性蛍光色素
  • Fluo-4やCal520などのカルシウム感受性蛍光色素
  • GECI、GEVI、FRETなどの蛍光タンパク質
  • ヘモグロビンとフラビン蛍光タンパク由来の内因性信号

主な特長

  • 様々なマップ画像を作成可能
  • 科学論文やプレゼンテーションで使用する高解像度画像を簡単に出力
  • 直感的で簡単な操作、分析時間の短縮
  • ピーク検出と最適値設定を自動で行うことが可能
  • 他社製システムからエクスポートされた 16ビット TIFFファイルを読み込むことも可能
  • 電子メールによる技術サポート

特長

メインウインドウ

解析ウインドウ

さまざまな実験用途に対応した画像解析・マップ作成機能

作成可能なマップの一覧

  • Activation map / half rise map
  • Repolarization map / half decay map
  • APD map / CaTD map
  • Phase map / Phase singularity / PS trajectory
  • Conduction velocity map
  • Dominant frequency map
  • Amplitude alternans map
  • APD alternans map
  • Maximum upstroke velocity map
  • Diastolic interval map
  • Decay τ (tau) map
  • Rise time map
  • Peak time map
  • Peak amplitude map
  • Peak to repolarization time map / Peak to half decay time map
  • Peak interval map

波形解析

Waveform analysis
高速フーリエ変換を使用した周波数プロット
ヒルベルト変換を使用した位相プロット
短時間フーリエ変換

論文、ポスター、スライド用の図を素早く作成するための画像エクスポート

画像は「PNG」形式または「SVG」形式で出力できます。

「PNG」形式は、画質を劣化させずに高精細な印刷に適しています。
「SVG」(Scalable Vector Graphics)は、Adobe Illustrator、Inkscapeなどのベクターグラフィックスソフトウェアを使用して簡単に修正できます。

自動ピーク検出、フィルター/マップの最適値設定

一部の機能は、ユーザーが指定しなくても最適な値が設定されるように設計されています(ユーザーが手動で値を変更することも可能)。

S/N比を向上させる各種ノイズ低減フィルターとデータ補正

Illumination correction明るさ補正・照度ムラ補正
Distortion correctionレンズの歪みの補正
Gaussian filterガウスフィルターによるノイズ除去
Mean filterミーンフィルターによるノイズ除去
Median filterメディアンフィルターによるノイズ除去
Drift removal蛍光退色カーブの補正
Invert画像と波形の極性を反転する
Dynamic range optimization各ピクセルの光強度値を最適化し、16ビット階調を最大限に活用することで、暗い画像を明るくする
Normalizationピクセル間の光強度の振幅の違いを補正し、すべてのピクセルの光強度値が同じ振幅になるように計算 (0 ~ 65,535)
FIR filterFIR(Finite Impulse Response)フィルターによるノイズ除去
Moving average移動平均フィルタによるノイズ除去
Savitzky-GolayNSavitzky-Golayフィルターによるノイズ除去
Alignment2枚の画像を拡大・縮小・回転・移動して重ね合わせる
Binning複数のピクセルを1つのピクセルに結合 (加算または平均)
Average datasets複数のデータセットからのデータをオフラインで平均化する
Crop範囲を指定して画像を切り抜く
Deinterleave framesGCaMPやFura-2などの多波長励起イメージングで取得したデータのフレームを抽出し、複数のデータに分割
Frame operation同じデータセット内の 2 つのデータ間の加算/減算/乗算/除算
Create subset時間範囲を指定して別データとして開く

年に数回のソフトウェアアップデート

継続的に新機能を追加し、バグを修正します (リリース日はランダム)

Eメールによる技術サポート

ソフトウェアの使用方法またはデータ分析についてご質問がある場合は、いつでもメールでお問い合わせいただけます。

仕様

サポートしているデータ形式

インポートRAW本ソフト専用フォーマット
TIFF一般的な 16 ビット グレースケール tiff ファイル
GSDBrainvision製のソフトウェア BV_Ana のフォーマット
エクスポートPNG画像データ、マップデータ(高解像度)
SVG画像データ、地図データ(ベクター画像)
TIFF画像データ(実解像度)
CSV画像データ、波形データ
Parquet波形データ
AVI動画データ

ソフトウェア要件

ソフトウェアOS: Windows 7 またはそれ以降のバージョン (64 bit).
ハードウェア採用
- Any Intel or AMD x86-64 processor
- 8 GBのRAM
- インストール用に 400 MB のディスク容量

推奨
- 4 つの論理コアと AVX2 命令セットを備えた Intel または AMD x86-64 プロセッサ 。
- 32 GBのRAM
- NVMe Solid-state drive
- NVIDIA GPU

サンプル動画

Activationマップ

Action potential duration (APD) マップ

ダウンロード

ソフトウェアライセンス

BV Workbench を使用するには、専用ライセンスでアクティベートする必要があります (有料)。 ライセンスは各コンピュータに固有のハードウェア ID を使用してコンピュータごとに発行されます。 あるコンピュータに対して発行されたライセンスを使用して、別のコンピュータを認証することはできません。 ライセンスの取得および設定方法については、弊社までお問い合わせください。

お試しライセンス

You can apply for a free 3-month trial. Please contact us first! Please click the "Contact Us" button below to proceed to the inquiry form.

3か月の無料トライアルに申し込むことができます。 まずはお問い合わせください。 下記の「お問い合わせ」ボタンをクリックしてお問い合わせフォームにお進みください。

ダウンロード

下のリンクをクリックすると新しいページが開きます。 「BV Workbench」直下のリンクが最新版です。

https://www.brainvision.co.jp/doc/installation