MENU

マクロ蛍光顕微鏡

  • HOME »
  • マクロ蛍光顕微鏡

マクロ蛍光顕微鏡 THTシリーズ

tht-eyecatch

概要/特長 セットアップ例 主な仕様 THTシリーズは、微弱な蛍光を発する生物サンプルを低倍率で観察するためのマクロ蛍光顕微鏡です。 2本の大口径対物レンズと特注大型蛍光フィルターを組み合わせた非常にシンプルな光路で、わずかな蛍光量もロスなく検出できる設計になっています。 明るい低倍率を実現:微弱な蛍光を広視野で撮影 レンズの組み合わせによって約0.19x~6.3xの総合倍率となります(実際の撮影範囲は使用するカメラのセンサーサイズによって変わります)。 大口径・高開口数レンズを使用していますので、極めて明るい撮影が可能です。これまで検出が困難であった信号がより容易に検出できるようになったり、これまで撮影できたサンプルでも、より高いS/N比で撮影できる可能性があります。 高開口・長作動 対物レンズ 倍率 レンズ口径 作動距離 0.3x 50mm 140mm 0.63x 43mm 67mm 1x 60mm 62mm 1.6x 59mm 31mm 2x 57mm 20mm 5x 39mm 19mm 絞り・焦点距離調整機能付属 結像レンズ 結像レンズ 倍率 マウント 50mm 0.63x C 85mm/1.4 1.0x EF/T/C 135mm/2.0 1.6x EF/T/C シンプルな構造:カメラ撮影に特化 目視観察機能はありません。あくまでもより高いS/N比でのカメラ撮影にこだわった設計です。 光軸部の傾け・回転が可能:撮影サンプルを傾ける必要無し 光軸部を左右360度回転させることのできるスタンドも選択可能です。光軸部を傾ければ、動物サンプルを傾けなくても脳の側頭葉全体を撮影するようなことも可能です。    蛍光フィルターの取り外しが容易 蛍光フィルターは着脱式のフィルターキューブに保持されています。フィルターキューブの付け替えで蛍光フィルターを交換することができます。 高い拡張性:蛍光分岐装置としても機能 通常はTHTシリーズ本体の左ポートに励起用光源を接続して同軸落射照明装置として使用します。その他、2波長蛍光の分岐装置として使用することも可能です。この場合、左ポートに上ポートと同じレンズとカメラを接続し、2カメラを用いた2波長蛍光同時計測となります。 サイド照明・2波長計測用 ...

PAGETOP