アメリカ Precisionary Instruments製のCompresstome® 組織スライサーは、高周波振動切断刃を使用する振動ミクロトームで、組織をスライスして研究や臨床で使用する切片を得るのに役立ちます。

電気生理学向け振動刃ミクロトームのトップ

Dr. Jonathan Ting, Allen Institute
Adult mouse hippocampal neurons for
electrophysiology
Made with Compresstome

より健全なニューロン:パッチクランプ電気生理学のためのより多くのニューロン

組織生存率の向上:より健康な脳スライスにより生存時間が延長されます。

ユーザーフレンドリー:操作を簡単に習得できます。5年間の保証付きで長持ちするように作られています。

耐久性:要求の厳しいラボ環境でも長持ちするように設計されています。

実践的なサポートとトレーニング:1対1の包括的な技術サポート

専門家からの信頼:何百人もの電気生理学研究者によって使用されています。

Compresstome® 振動刃ミクロトーム

最新モデル:VF-510-0Z

5 年間の保証が付属しており、Compresstome©でこれまでにない精度を体験してください。 当社の Auto Zero-Z テクノロジーは表面のびびりを排除し、最も滑らかなセクションを保証します。 組織を完全に安定化するためのアガロース包埋と組み合わせることで、一貫した厚さのより健康的なスライスが得られます。

Compresstome© VF-510-0Zの用途

電気生理学

ビブラトームを使用して健康な組織スライスを作成することは、研究者が制御された正確な方法でニューロンの電気活動を研究できるため、電気生理学にとって重要です。 健康なスライスにより、神経反応の正確な記録が可能になり、シナプス伝達、イオン チャネル、膜特性の分析が容易になります。 ビブラトームは薄くて一貫したスライスを生成するため、実験データの変動が減少し、電気生理学的研究の信頼性と再現性が向上します。

Compresstome® ビブラトームの利点

  • 生細胞: 生細胞が最大 6 倍増加し、記録時間が長くなります。
  • 高速: 圧縮による組織の安定化により、より高速な切片作成が可能になります。
  • 若齢および老齢の動物組織に最適: 柔らかい出生前の動物組織から頑丈な老齢動物組織までの生細胞 (複数の研究室でパッチされた生後 24 か月以上の齧歯動物)
  • メンテナンスが簡単: Auto-Zero-Z とは、校正が不要な Zero-Z を意味します。
  • 習得が簡単: 多くのラボでは、Compresstome® を 1 回目または 2 回目の試行でパッチ可能な素晴らしいスライスを取得できます。

他のビブラトームの問題点

  • 生存細胞の欠如: 速度が遅く、サポートが不足していると組織が損傷し、標本の構造的および機能的特性が変化し、不正確な実験結果が得られます。
  • 遅い: 時間に敏感な実験や高スループットが必要な場合、速度が遅いという問題があります。
  • スライスの厚さの変動: 厚さが一貫していない場合、電気生理学的記録の品質に影響を与える可能性があります。
  • メンテナンスと校正: 専門知識を必要とする時間のかかるメンテナンスが必要になるか、パフォーマンスの低下につながる可能性があります。
  • 急な学習曲線: 特に電気生理学や組織の準備に慣れていないユーザーの場合、完璧にするには多くの練習が必要です。
Compresstome® は、より高い神経細胞の生存率を備えた脳スライスを生成します。この研究は、Compresstome® 振動ミクロトームで切断されたスライスからは、他のビブラトームと比較して、多くの脳領域で生きているニューロンの割合が大幅に高いことを示しています。

実際のラボの例

アレン研究所の神経科学

この分野のリーダーとして知られるアレン脳科学研究所の研究者たちは、10 年以上にわたって Compresstome® 振動ミクロトームを使用して、寿命を延ばし、表面ニューロンへの損傷を軽減した、より優れた脳スライスを提供してきました。

成人の脳スライスのパッチ適用の10年間を振り返る

Jonathan T. Ting は、アレン研究所の研究助手です。2013 年に入社し、ヒト細胞型プログラムに電気生理学の専門知識を提供し、ヒト ex vivo 脳スライドの機能アッセイを開発しました。 このウェビナーでは、Ting 博士が脳スライス プロセスのどの重要なステップが最も重要なのか、そしてその理由について議論し、スライス ソリューションと方法論についての従来の信念に疑問を投げかけます。

電気生理学的手法を使用して電子タバコのフレーバーがドーパミン ニューロン機能に及ぼす影響を調べる

マーシャル大学ジョーン・C・エドワーズ医学部生物医学科助教授。 さらに、ヘンダーソン博士と彼は、タバコや電子タバコのフレーバーが中毒関連行動において果たす役割に焦点を当てており、Compresstome® 振動ミクロトームを使用して、パッチクランプ電気生理学のためのすべての急性脳スライスを作成しています。

心臓研究用に生きた心筋スライスを切断するための Compresstome®

ジェームス・スミス博士が率いるスミス研究所は、細胞内レベルで心筋症を研究し、病気の心臓の正常な心臓機能を回復するのに役立つ治療介入の潜在的な標的を探しています。 ここでスミス博士は、Compresstome® を使用して生きた心筋スライスを切片化し、それを組織培養とカルシウム イメージングに使用する方法を示します。

参考文献

Driessens SLW, Galakhova AA, Heyer DB, Pieterse IJ, Wilbers R, Mertens EJ, Waleboer F, Heistek TS, Coenen L, Meijer JR, Idema S, de Witt Hamer PC, Noske DP, de Kock CPJ, Lee BR, Smith K, Ting JT, Lein ES, Mansvelder HD, Goriounova NA.
Genes associated with cognitive ability and HAR show overlapping expression patterns in human cortical neuron types.
Nat Commun. 2023 Jul 13;14(1):4188. PMID: 37443107; PMCID: PMC10345092. PDFをダウンロードする

Godino A, Salery M, Durand-de Cuttoli R, Estill MS, Holt LM, Futamura R, Browne CJ, Mews P, Hamilton PJ, Neve RL, Shen L, Russo SJ, Nestler EJ.
Transcriptional control of nucleus accumbens neuronal excitability by retinoid X receptor alpha tunes sensitivity to drug rewards.
Neuron. 2023 May 3;111(9):1453-1467.e7. Epub 2023 Mar 7. PMID: 36889314; PMCID: PMC10164098. PDFをダウンロードする

Li L, Durand-de Cuttoli R, Aubry AV, Burnett CJ, Cathomas F, Parise LF, Chan KL, Morel C, Yuan C, Shimo Y, Lin HY, Wang J, Russo SJ.
Social trauma engages lateral septum circuitry to occlude social reward.
Nature. 2023 Jan;613(7945):696-703. Epub 2022 Nov 30. PMID: 36450985; PMCID: PMC9876792. PDFをダウンロードする

もっと見る

イメージング

蛍光顕微鏡法は、蛍光分子を使用して細胞や組織内の特定の分子の位置と活性を視覚化する技術です。 一方、カルシウムイメージングは、細胞内の重要なシグナル伝達分子であるカルシウムイオン濃度の変化を監視するために蛍光指示薬を使用する技術です。 どちらの技術も神経科学と細胞生物学の研究に不可欠なツールであり、科学者が個々の細胞とネットワークの活動をリアルタイムで研究できるようになります。 組織切片は、蛍光標識を使用して容易に視覚化できる薄くて平らなサンプルを提供するため、これらの技術には多くの場合必要となります。 組織切片がなければ、個々の細胞とその活動パターンを識別して区別することが難しく、神経および細胞シグナル伝達の研究が困難になります。

組織切片は、サンプルの厚さの制御、イメージング品質の向上、サンプルの準備と取り扱いの容易さ、共焦点顕微鏡との互換性、およびマルチチャンネルイメージングのサポート機能における利点により、共焦点イメージングで一般的に使用されます。

組織切片は、組織内のカルシウムシグナル伝達の空間的および時間的動態を調査するためのカルシウムイメージング研究にも使用されます。 カルシウムイメージングは、蛍光カルシウムインジケーターを使用して細胞内カルシウムレベルの変化を監視する技術です。細胞内カルシウムレベルは、細胞シグナル伝達、筋収縮、神経活動などの多くの生理学的プロセスにおいて重要な役割を果たします。

脳(生存または急性)

急性脳スライスは、生きた脳組織の薄い切片であり、新たに解剖された脳から得られ、実験目的のためにインビトロで維持されます。 これらは神経科学研究における重要なツールであり、科学者が従来の細胞培養よりも生理学的に関連した状況で神経回路の構造と機能を研究できるようになります。 組織切片は、簡単にスライスして培養状態に維持できる均一で一貫したサンプルを提供するため、急性脳スライスを取得するために必要です。 これにより、研究者は、シナプス伝達、可塑性、興奮性などのさまざまな脳機能の根底にある細胞機構および分子機構を調査し、神経疾患で発生する変化を特定することができます。

Compresstome® は、アレン脳科学研究所、ジョン ホプキンス大学など、脳組織を研究するために世界中のトップの研究者によって広く使用されています。科学者は、以下の範囲の Compresstome® 切片からスライスをパッチすることに成功しています。 新生児マウスから生後24ヶ月のマウスまで! したがって、当社の振動ミクロトームは、若い動物モデルの神経発達の研究だけでなく、特に切断が難しい成熟動物モデルの神経変性疾患の研究にも役立ちます。

Compresstome® の特許技術は、切断中に穏やかな圧縮効果で組織を安定させるのに役立ち、より滑らかな組織表面とより健康なニューロンを備えた新鮮な脳組織を記録用に切断することができます。 Compresstome® を使用した脳スライス切片では、次のことが示されています。

  • 簡単にパッチクランプ実験を開始できます: 6 倍の生存細胞が得られます。
  • パッチクランプ実験の終了が簡単: パッチ適用中、セルは数時間持続する可能性があります。

脳(固定)

固定脳とは、固定と呼ばれるプロセスを通じて保存され、安定化された脳組織を指します。 これは神経科学研究における重要なツールであり、科学者が脳の構造と機能を顕微鏡レベルで研究できるようになります。 組織切片は、簡単にスライスして顕微鏡で観察できる薄くて平らなサンプルを提供するため、固定された脳組織を研究するために必要です。 これにより研究者は、学習、記憶、行動などのさまざまな脳機能の根底にある細胞機構や分子機構を調査し、神経疾患で起こる変化を特定することができます。

主な特長

(A) 耐久性がある
強力なコードレスモーターを搭載し、静かで耐久性のある動作を実現します。

(B) 掃除が簡単
取り外し可能なバッファトレイとチューブベースにより、簡単な洗浄とチューブサイズの変更が可能

(C) 切断サンプルの高速ロード
スライド式コントロールボックスのワンタッチロック解除機構により、迅速なサンプルローディングが可能になります。

(D) ユーザーフレンドリーなコントロール
完全に統合されたコントロールボックスには、組織切片を制御するための直感的な制御パラメータがあります

(E) 複数のブレードタイプに対応
新しい磁気ブレード ホルダーにより、ステンレス鋼のブレードを簡単に磁力で取り付けたり、セラミックやタングステンのブレードを接着剤で取り付けたりできます。

(F) 取り付けが簡単なブレードホルダー
ブレード角度が固定されているため、手動で位置を調整する必要がなく、便利な操作が可能です。

(G) ミクロトームの寿命延長
内蔵のシースルーカバーがエアロゾル化した緩衝液から振動部品を保護します。

アガロース包埋

アガロース包埋は、Compresstome® ビブラトームで組織スライスを切断する前に、組織サンプルをアガロース溶液で包埋するプロセスです。 全体の切片作成にかかる時間はほんのわずかで、より健全で滑らかな組織スライドの作成に役立ちます。

Auto zero-Z® 技術

これらの振動ヘッドは、Z 軸の振動を排除するために正確に位置合わせされています。 Auto Zero-Z® テクノロジーは、生きた組織サンプルの表面細胞への損傷を軽減し、薄切片のビビリマークをさらに軽減してイメージング結果を向上させます。

クラス最高の顧客サービス

迅速な応答時間による比類のないカスタマー サービスを体験してください。 当社の専任チームは科学者や臨床医をサポートし、今後何年にもわたって研究の成功を保証します。

仕様

Compresstome© VF-510-0Z 動作仕様

自動機能完全自動化:切断後、切片の厚さを自動で設定、連続切断が可能
スライス厚の調整自動
切片の厚さの精度1μm(コントロールボックスのダイヤルで設定)
試料の長さ25mm(包埋できる組織の最大長さ)
スペシメンチューブ直径15.5mm または 20mm(包埋できる組織の最大径)
使用可能な刃ステンレス製(両刃カミソリ)、セラミック製、タングステンカーバイト製
切断角度20°(刃のアライメントは不要)
切片厚さの範囲1-999μm : 10μm以下のスライスをカットする品質テスト済み(組織によっては4μm厚さの切片を作製可能)
切断モードシングルまたは連続

Compresstome© VF-510-0Z 装置仕様

動作速度前進0~4mm/秒、後退6mm/秒
XY軸 振動数周波数0~65Hz(調整可能)、振幅1.2mm
Z軸 振動~0μm(Z軸たわみ)
電源、消費電力AC100~240V、18W
バッファートレイ寸法奥行110 x 幅60 x 高さ30mm
装置寸法、重量奥行330 x 幅255 x 高さ195mm 、6kg

主なオプション品

スターターキットステンレスブレード、アガロースタブレット、クリーンナップレイザー、
瞬間接着剤、ピンセット、ワセリン、ピペット、マシンオイルのセット
アガロースタブレットアガロース錠のセット(0.5mg/錠、10錠、20錠、50錠、または100錠)
酸素供給アタッチメントバッファートレイ内に酸素供給する部品(別途、酸素バルブ等が必要)
グースネックランプ着脱が容易なグースネックLED照明

カタログダウンロード

電気生理学向けカタログ
Compresstome VF-510-0Zカタログ

リンク

製品の詳細な情報はメーカーのWebページをご参照ください。

Precisionary Instruments (ページを自動翻訳