シャッター内蔵ハロゲン光源 HL-151

  • HOME »
  • »
  • シャッター内蔵ハロゲン光源 HL-151

機能・特長

HL-151はMiCAMシリーズ用に開発された、電磁シャッター内蔵150Wハロゲン光源です。MiCAMでの計測と完全同期して高速にシャッター開閉を行うため、蛍光色素の退色を最小限に抑えることが可能です。

概要

HL-151は光計測へ重大な影響を及ぼす振動を減少させる目的で、ハロゲン光源部本体に開閉時の振動を押さえた電磁シャッターが内蔵されており、膜電位感受性色素やカルシウム色素の高速イメージング時に問題となる、光によるノイズやメカニカルノイズを最小限に抑えた設計になっています。また、専用シャッターコントローラーにより開閉スピードが調整可能なため、シャッター開閉時の振動や音を抑えることが可能です。

特長

揺らぎの少ないハロゲンライトを採用

蛍光変化量が0.1%程度の膜電位感受性色素で染色したサンプルの励起には、十分な励起力を持った光源が必要ですが、キセノンランプや水銀ランプなどでは光源由来の光の揺れが大きなノイズとなる場合があります。

そこでHL-151では、光の揺らぎが少なく、高輝度の照明が得られるモリテックス社製150Wハロゲン光源を採用しています。


蛍光色素の退色を最小限に抑える電磁シャッターを内蔵

蛍光色素を用いた長時間の計測では、励起光の連続的な照射による蛍光色素の退色が問題となります。HL-151では実際の計測時だけ照射されるように、あらかじめ電磁シャッターが内蔵されています。このシャッターは専用コントローラーを通し、MiCAMでの計測と完全に同期して動作しますので、最小限の励起光の照射が可能です。


正確かつ静寂なシャッターの開閉を制御する専用コントローラー付属

HL-151には、MiCAMでの計測と同期し、正確かつ静寂にシャッター開閉を制御する専用シャッターコントローラーが付属しています。通常モードでは、約5msecでシャッターを開閉しますが、サイレントモードでは10~30msecのスピードで開閉します。計測時にシャッター開閉の振動や音が問題になる場合に有効です。


主な仕様

光源部
回路方式 PWM式スイッチングレギュレーター
入力電圧 AC100V±10% (50/60Hz)
点灯方式 直流点灯
適合ランプ JCR15V 150W/M
ランプ電圧 DC14.7V +/- 0.2V
平均ランプ寿命 50時間
照度 約55,000Lx
色温度 約3,300K
使用温度/湿度 0~+40℃/20~80%RH
ライトガイド部
ファイバー材質 ガラス
結束径 φ10mm
長さ 1,100mm
チューブ ステンレス製フレキシブルチューブ
PAGETOP